お肌がデリケートな部分で、肌トラブルを起こしやすい

お肌がデリケートな部分で、肌トラブルを起こしやすい

お肌がデリケートな部分で、肌トラブルを起こしやすい

ムダ毛の自己処理をしている方の中には、アンダーヘアの自己処理をしている方もいると思います。
以前は、アンダーヘアの自己処理は一般的ではなかったのですが、「アンダーヘアが人より多くて恥ずかしい」「アンダーヘアのせいで生理の時に蒸れて気持ち悪い」などという理由から、アンダーヘアの存在が邪魔になり、自己処理をする方が増えました。

 

アンダーヘアは、「VIOライン」とも呼ぶのですが、VIOラインを自己処理するのは、リスクが高いと言わざるを得ません。
「デリケートゾーン」と呼ばれているように、お肌がデリケートな部分で、肌トラブルを起こしやすいですし、もし肌トラブルを起こした場合は、治るまでの間、下着が擦れて違和感に苦しむことにもなります。

 

では、どうするのが一番良いのかというと、やはりサロンやクリニックで脱毛の施術を受けることなのですが、「他人に処理してもらうなんて…」と恥ずかしく思い、リスクを抱えながら自己処理を続けている方も多いです。
ですが、サロンやクリニックでVIOラインの脱毛を受けるにあたっては、恥ずかしさは特に気にしなくても大丈夫です。

 

最初は誰もが恥ずかしいと思うものですし、それが普通だと思うのですが、2回・3回と通っていくうちに、だんだんと慣れてきます。
慣れてくると、恥ずかしいという気持ちはだんだんと薄れてくるので、恥ずかしがっていた自分自身がどこかに行ってしまい、「あれ?」と思う瞬間が訪れるかもしれません。
また、サロンやクリニックのほうでも、お客さんの「恥ずかしい」という感情を少しでも緩和するために、施術部位だけを露出させるようにして、他の部分はタオルをかけてくれますし、サングラスやタオルで目隠しをする場合もあります。

 

そして、VIOライン脱毛の施術自体が、恥ずかしさを忘れさせてくれることもあります。

例えば、「痛み」が恥ずかしさを忘れさせてくれる場合もあります。

 

いくら痛みが少ない光脱毛だとしても、多少は痛みを感じるものですし、アンダーヘアのように濃くて太い毛だと、痛みはどうしても強くなってしまいます。
ですが、施術中に痛みを感じれば、痛みのほうが気になって、恥ずかしい気持ちが飛んでいくかもしれません。
また、VIOラインは範囲が狭いので、施術自体がすぐに終わってしまって、恥ずかしさを感じている時間が少なくて済む可能性もあります。

 

いずれにしても、VIOラインの脱毛は人気がある部位なので、今この瞬間にも、VIOラインの脱毛にチャレンジしている女性も多いはずです。
そう考えると、「私だけじゃない、みんなやってるんだ」という気持ちで乗り越えられると思いますし、脱毛が完了した後に「あの水着を着る」「あの可愛い下着を買おう」などという楽しみを見つけておくのも良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ